AX










すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(2)

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(1)の続きです。
 

1. 管理人が実践した結果


① パソコンの使用を減らす


私の場合、平成の初めのころだとワープロ、近年だとパソコンを長時間使う日が何ヶ月も続くと、確かに髪が減る傾向がありました。
逆に、38歳の年の年初から秋ごろまで、パソコンの使用をそれまでより控えてみたところ、前の年の同じ時期より髪が増えました。
パソコンを控えるといっても使用時間までは記録していませんが、
「そういえば去年の今ごろより髪が明らかに増えてるぞ」
と自覚できるほどの効果がありました。

また、41歳の夏から1年あまりの間、仕事の都合でパソコンをあまり使わない日が週に4日ほどありました。
このときは、冬になっても全体として髪の量は減りませんでした。前頭部も変化なしでした。
普通なら、私の場合は冬場は髪が減り、年末のころに最少になります。ところが、パソコンの使用を減らして目の酷使を避けることで、それを防いだ可能性が高いと思います。

ただ、このころは並行して行っていた「納豆と唐辛子の同時摂取」の二年目に当たります(参照⇒すぐにできる薄毛・抜け毛対策 ① ~納豆と唐辛子の同時摂取〔当ブログ記事〕)。
この「納豆と唐辛子の同時摂取」では、最初の冬は髪が少し増える程度の効果がありましたが、二年目はパソコンの使用減の効果と併せても、髪は増えず、量を維持するのがやっとだったということになります。

髪が増えなかった原因は、このころ、仕事のストレスが強烈だったことであると考えられます。
人はストレスを受けると交感神経の働きが優位となり、血管が収縮します。その結果、頭皮の血行も悪くなり、毛根に栄養が届きにくくなるため、脱毛が引き起こされます。
とすれば、この年の冬は、むしろ髪が大きく減ってもおかしくなかったはずです。にもかかわらず、髪の量を維持できたのは、パソコンの使用減と、納豆と唐辛子の同時摂取が功を奏したためと言えましょう。
そして、ストレスがあっても髪の量を維持できた訳ですから、ストレスがなければ冬になっても髪が増えていたであろうと思います。

その後は、43歳までは、ほぼ現状維持でしたが、43歳の秋から半年ほどと44歳の夏から1年近くの間は、パソコンの使用が大きく増えました。
ちなみに、このころパソコン作業で多かったのは、文章を書くことでした。他の作業より、目が疲れるのが自覚できます。
その結果、44歳ごろからは毎年少しずつ髪の量(特に前髪)が減りました。
やはりパソコンを使うことによる目の酷使は、髪にダメージを与えるようです。

② メチオニンと卵を摂る


次に、46歳の秋ごろからは、パソコンの使用は通常のままで、メチオニンのサプリメントを飲み、卵を1日3個食べていました。
すると、3ヶ月ほどたつと前年の同じ時期より髪が増えていました。
例年、冬になると髪が減るはずが、この年の冬は逆になったということです。
ただ、このころ(46歳)は、別の記事でご紹介する「育毛の達人」の体質改善法の一部を並行して行なっていたので(ただし医薬品療法は未着手)、どちらが効果を発揮したのかは断定できません。

それから1年近くは現状維持といった感じでしたが、メチオニンも卵も、納豆と唐辛子の同時摂取も次第に効果が薄れ、大局的には薄毛の進行は止まらず、48歳の夏には見切りをつけざるをえませんでした。

とはいえ、あるていど育毛に役立った可能性はありますし、特に卵は完全栄養食品と言われていて、ビタミン、ミネラルをはじめ、体内で合成できない(外から摂るしかない)必須アミノ酸がバランス良く含まれます。

なので、薄毛の進行が、まださほど深刻でない方なら、目を酷使しないことと、卵をはじめメチオニンやシスチンを含む食品(またはサプリメント)の摂取をお勧めしたいと思います。

③ 飲酒について


飲酒については、私は全く酒を飲まないので、飲んだ場合と飲まない場合との比較はできませんが、理論上は育毛には不利かと思います。
参考までに申しますと、大酒飲みだった私の父は30代後半から禿げていました。
一方、私は30代のころは抜け毛が少しずつ進行していましたが、まだフサフサと言えるレベルでした。
酒が嫌いで良かったと心から思います。



2. 注意点


① 卵のコレステロールは心配なし


以前はよく「卵はコレステロール値を上げるので1日1個まで」と言われていました。
ところが、最近ではコレステロールは食事でとる量が少なければ体内で多く合成され、逆に食事でとる量が多ければ少なく合成されること、さらに、卵黄に含まれるレシチンにはLDL(悪玉)コレステロールを減らしてHDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが分かっております。
なので、高コレステロール血症の人でなければ、気にする必要はないようです。
 参照⇒卵1日1個はウソ?! コレステロールのホントのところ  (『日経Gooday』 上西一弘氏〔女子栄養大学栄養生理学研究室教授〕への取材記事) 
 ⇒世界の長寿者も実践! "コスパ最強"の栄養食「卵」 1日3個で健康長寿を実現  (渡辺信幸氏〔こくらクリニック院長〕) 

② 卵は黄身と白身を混ぜずに食べるべきか


卵の黄身にはビオチン(ビタミンB7)が含まれ、これが不足すると脱毛を引き起こすとされています。
ビオチンは、白身に含まれるアビシンというタンパク質と結合すると、腸で吸収されずに排出されてしまいます。
ですので、卵を食べるときは混ぜずに加熱するか、黄身は生で食べ、白身だけ加熱してアビシンを不活性化させる必要があると言う人もいます。
 参照⇒タマゴ3個で髪の毛が生えた

ただ、ビオチン不足になるほどの卵(の白身)の摂り方は、毎日10個も食べ続けるような極端な場合といわれています。
また、ビオチンの必要量の一部は腸内細菌によって合成されます。
よって、あまり神経質になる必要はないかもしれません。
 参照⇒ビオチンの効果・効能  (参考文献を明記したサイト)

③ ミネラルも必要


アミノ酸からケラチンを合成するにはミネラルが必要となります。中でも亜鉛、鉄、マンガン、ビタミン(特にB6、B2)とされています。
ですので、卵やメチオニンなどのサプリメントを摂るときは、そのような栄養素も一緒に摂りましょう。
 参照⇒抜け毛を減らすための栄養素とは? メンズスキンケア大学



関連記事
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ① ~納豆と唐辛子の同時摂取
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(1)

スポンサーサイト

すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(1)

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

お勧め度・・・★★★

髪を維持するうえで意外に大事なのが、一つは目を使い過ぎないこと、もう一つは深酒をしないこと、そして卵を食べることです。
この三つがなぜ一緒に語られるのかというと、前の二つは髪の原料となるシステインに関わり、そして、システインは卵に多く含まれるメチオニンから体内で合成されるからです。



1. 髪とシステイン


髪はケラチンというタンパク質でできています。ケラチンは18種類のアミノ酸でできていて、そのうち最も多いのがシスチンです。
シスチンとはシステインが2つ結合したものです。

システインはよく「L-システイン」とも呼ばれますが、名前の前に「L-」が付くと自然型のアミノ酸であることを指し、逆に合成型は「D-」が付きます。
自然型の場合「L-」を省略して書くことが多いようです。

システインは食品からは少量しか摂取できませんが、体内で合成できます。それは、メチオニンというアミノ酸が肝臓でシステインに変化するというプロセスをとります。
 参照⇒髪の毛の発育に必要!18種類のアミノ酸が結合したケラチンとは | ヘルスケア大学

以上を、順番を逆にしてまとめると、
① メチオニンが体内でシステインに変わり、
② システインが二つ結合してシスチンになり、
③ シスチンが髪の毛を構成する
ということになります。

従って、メチオニン、システイン、シスチンが不足すると、薄毛につながる危険があります。
ただし、上に述べたように、システインは食品には多くは含まれません。なので、シスチン、またはメチオニンを摂るようにしましょう
シスチンは、卵、にしん、ホタテ、イカ、イワシ、カツオ、サバなどに多く含まれています。
メチオニンを多く含むものは、卵、牛乳、サバ、カツオ、イワシなどとされています。
 参照⇒食品成分データベース(文部科学省)



2. システインが不足する原因


パソコンなどを長時間使うことで疲れ目や眼精疲労が起こると、網膜の修復にメチオニンが使われます
その結果、システインになって髪に供給される分が不足し、薄毛につながります(ただし、ネットではこのことを指摘する専門家の書いたサイトは確認できませんでしたが、十数年前にテレビで同じことが紹介されていました)。

また、システインは、飲酒で発生する有害物質であるアセトアルデヒドを分解する働きがあります。そのため、飲酒が過ぎることによってもシステインが消費され、薄毛の原因となります
 参照⇒Lシステイン(二日酔い予防&対策) (出典の学術論文を明記したサイト)
    ⇒医療現場で活躍するアミノ酸 L-システイン(日本理化学薬品株式会社)



3. システインを確保するには


以上のことを踏まえると、目の酷使や深酒を避けることで、髪の発育に必要なシステインを確保することができます。

特に目の酷使について言うと、例えばパソコンで作業するときは姿勢を良くする、1時間作業したら10~15分休む、ディスプレイの明るさを調整する、などが疲れ目対策として有効とされています。
 参照⇒【保存版】ディスプレイの疲れ目対策"10選"  (EIZO株式会社)

また、食品(特に卵)或いはサプリメントでシスチンやメチオニンを摂ることも育毛に貢献すると考えられます。 
実際、47名の脱毛症の患者にシスチンを摂取させると脱毛症の改善が見られたという報告もあります。
 参照⇒シスチン 成分情報 わかさの秘密 (株式会社わかさ生活) にリンクがあります(原文は英語)。ただし、このページから「わかさの秘密」のページに飛ぶと、「準備中」というページが出ます。その場合は、右上にある検索窓に「シスチン」と入れて検索してください。


長くなるので、一度切ります。
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(2)に続きます。 


関連記事
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ① ~納豆と唐辛子の同時摂取
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(2)


すぐできる薄毛・抜け毛対策 ① ~納豆と唐辛子の同時摂取 

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

この方法のお勧め度・・・★★☆ (この方法を提唱した名古屋市立大学の岡嶋研二教授は、論文の不正で所属大学から処分されていますが、私が実践して効果があったので★二つといたします)

強力な効果を発揮する薄毛対策は、「薄毛対策の最終兵器」(掲載予定) でお知らせしますが、その方法はコストがかかります。
この「すぐにできる薄毛対策」シリーズでは、効果はそこそこですが、安くてすぐにできる方法をご紹介します。まずは納豆と唐辛子の同時摂取から。


1. 納豆と唐辛子を摂る


朝食なら朝食、昼食なら昼食と、同じ食事の中で納豆と唐辛子を摂ります。納豆に含まれるイソフラボンと、唐辛子に含まれるカプサイシンを摂るためです。
ネットでは唐辛子でなくキムチを食べて効果があったという声も多いようです。
また、納豆の苦手な方は豆腐や豆乳でもかまいません。

岡嶋教授の実験では、1日に唐辛子2グラムと豆腐半丁(イソフラボン40mg)をそれぞれ三回分に分けて毎食後に摂ったそうです。

↓食品のイソフラボン含有量についてはこちらを参照。
イソフラボン含有量・何にどれだけ? フジッコ株式会社

唐辛子のカプサイシン含有量は、一般的なもので0.5%前後だそうです。
 参照⇒カプサイシンを多く含む食品にはどんなものがある? (井上和恵氏〔漢方薬剤師〕)
よって、上記の唐辛子2gにはカプサイシンは約10mg含まれます。



2. イソフラボンとカプサイシンの働き


納豆や豆腐に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た化学構造をしており、体内でこれと同様の働きをします。 
脱毛の原因はジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。これは、男性ホルモンであるテストステロンが5a-リダクターゼという酵素によって転換したものです。
イソフラボンは、この5a-リダクターゼを抑制することで、DHTの生成を防ぎます。
 参照⇒イソフラボンの髪の毛に対する効果には科学的根拠がある。 (典拠の記載あり)

また、イソフラボンは肝臓でCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)というアミノ酸の結合体の産生を促します。
次に、唐辛子に含まれるカプサイシンが胃の知覚神経を刺激すると、それが脳を経由して毛根周辺の知覚神経にも伝わり、そこからCGRPが放出されます。
CGRPが毛根にある毛乳頭に働きかけると、毛乳頭からIGF-1(インスリン様成長因子)が放出され、毛母細胞がこれを受け取ることで細胞分裂し、毛髪となります。
 参照⇒トウガラシと豆腐を食べれば発毛促進!? (『AllAbout』 おそらく岡嶋教授自身の文章と思われます )
    ⇒名古屋Kクリニック

従って、納豆や豆腐と唐辛子を同時に食べると育毛につながる、ということですが、この理論を提唱した岡嶋教授は、熊本大学在籍当時の論文の捏造が発覚し、停職処分を受けたあと退職しています。
そうなると、上の理論の信憑性も怪しくなってくるところですが、ネット上では「効果があった」という声も多いようです。



3. 管理人が実践した結果


① 最初の3年間


私の実践結果を申しますと、40歳の年の8月から1日に納豆を1パック(50g)と、七味唐辛子を1.5gぐらい(目分量ですが)を、1日2回に分けて摂りました。
すると、3ヶ月ほどたつと頭頂部の毛が少し増えたのが分かりました。例年だと、10月ごろから12月にかけて髪が減るのが普通でしたが、その年は少し増えたまま冬を越しました。
つまり、季節的な変動を考えると、これは効果があったとみて間違いありません。
ただ、前頭部については変化はありませんでした。

翌年(41歳)の夏から1年あまりの間、仕事の都合でパソコンをあまり使わない(=目を酷使しない)日が週に4日ほどありました(参照⇒すぐにできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る)。
納豆と唐辛子の同時摂取は継続です。
その結果、冬になっても全体として髪の量は減りませんでした。ただし、増えることもありませんでした。前頭部も変化なしでした。

パソコンの使用減と、納豆と唐辛子の同時摂取の2つの方法を行ないながらも、髪が増えなかった原因は、このころ、仕事で強いストレスを受けていたためと考えられます。
ストレスは交感神経の働きを優位にさせ、血管を収縮させるため、頭皮の血行も低下します。これにより、栄養が毛根に行き渡りにくくなり、抜け毛を増やしてしまいます。
よって、ストレスの強かったこの年は、本来は髪が減るはずですが、実際は現状維持ができたのは、パソコンの使用減と、納豆と唐辛子の同時摂取に効果があったためと言えるでしょう。
もしストレスがなければ、この年の冬も髪が増えていた可能性が高いと思います。

ちなみに、同じく41歳の夏から48歳までノコギリヤシのサプリメントも併用しましたが、こちらは効果がないともいわれています。
 参照⇒ノコギリヤシの髪の毛に対する効果は科学的根拠がない (典拠の記載あり)
   ⇒「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省
 

② 4年後以降


話を戻すと、43歳までは、ほぼ現状維持でしたが、44歳ごろからは毎年少しずつ髪の量(特に前髪)が減りました。
髪が減った原因は、43歳の秋から半年ほどと、44歳の夏から1年近くの間、パソコンの使用が大きく増えたこと、そして、あとはやはり年齢かもしれません。
とすると、納豆と唐辛子を摂っても目の酷使と加齢の影響には打ち勝てないということでしょう。
また、納豆と唐辛子の摂取を長期間続けると、耐性でも付くのかもしれません。

そして、48歳の夏には、この方法では限界と判断し、「薄毛対策最終兵器」(掲載予定記事)でご紹介する医薬品療法に切り替えました。

やはり、最後にたどり着くのは薬ということになりますが、薬の場合も長期間使うと耐性が付いて効果が薄れると聞きます
また納豆は健康食であるうえ、薬と違って変な副作用もありません。
目の酷使のような薄毛要因がなければ、この方法は数年間は現状維持或いはそれ以上の効果があると思います。
したがって、薬にたよる前に、この方法を取り入れる価値は充分あります。



関連記事
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(1)
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(2)