AX










アロマセラピーで認知症を改善できるか ③ ~効果が出ないときの対策と注意点

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

アロマセラピーで認知症を改善できるか ② ~重度の症状も改善の続きです。

アロマセラピーによる認知症の中核症状の改善効果について、ネット上では一般人からの報告が見当たりません。
これは、アロマに効果がないことを示すのではないかと疑わざるをえません。


1. 効果が出ない原因


この点について参考になるのは、アルツハイマー改善ブログを管理するアルハカ氏の指摘です。
同氏は、主に海外の医療文献を多く参照した上で、オイルの選定や使い方について次のように述べています。

・品質は重要だが、特にローズマリー、ラベンダーについては、品質とは別にブランドや抽出時期によっても成分に変動があり、それが効果に影響する可能性がある。

・臨床研究で明らかな効果が出ているのは、鼻の近く、顔、腕などに塗布しているケースが多い。就寝前に使うラベンダーなら、枕に垂らすなど。あまり使用量を節約しすぎないこと。

皮膚に直接塗る場合は、キャリアオイルで薄めること。
(管理人より:キャリアオイルとは、前の記事で出てきたファーナスオイルと同じで、精油を薄めるオイルです)

・オイルをディスポーザーやディフューザーで噴霧した場合は、明確に改善したと言えるほどの効果が出ていないケースが多い。
(管理人より:ここで言うディスポーザーとは何なのかは分かりませんでした。普通は、流し台の排水の所にある生ゴミ処理機を言います。
ディフューザーは、オイルを染み込ませて香りを拡散する芳香器です。電気式と皿型があり、前者はファン式と加熱式などがあります)


・「アロマペンダントは良い代替案かもしれない」

 参照および引用⇒アロマの効果について調べてみた。(認知症・アルツハイマー)

これをまとめると、
① オイルのブランドや抽出時期による成分の違いが効果を左右しうる。
② オイルが鼻の近くにあるか、皮膚に塗布していることが大事。節約しすぎない
③ ディフューザーを使った場合の効果は薄く、アロマペンダントの方が可能性大。
となります。

さらに①に付け加えると、原料となる植物の産地によっても効果が全然違うとされているようです。
 参照⇒アロマテラピーで認知症を予防!すぐに見られる効果もあった!?

②について想起されるのは、重度の患者の中核症状を改善させた琉球大学チームの研究です。
同チームが言うように(前の記事参照)、有効成分を皮膚から直接吸収させることによる効果は大きいのかもしれません。

また、後で述べますが、純度100%でないオイルや価格の安いオイルは効果がありません。



2. 対策


従って、対策としては、

① 効果がない場合は、オイルのブランドを変更して効果の違いを見る。
また、効果がなかったブランドを、ある程度の期間(おそらく数ヶ月)を空けてから再び買い、使ってみる

② 薄めて腕や首、肩などに塗る
どうしても塗る手間がとれない場合は、アロマペンダント(または後述するクリップ)を使う。
量を節約しすぎないこと。

③ 純度100%のオイルを使い、安物を避ける

等になりそうです。

これらの条件を全部クリアしないと、効果が出ないのかもしれません。
と言っても、アルハカ氏の考察も、実証的なものではなく、あくまで推測であって、可能性を示唆するにとどまると思われます。
よって、全部をクリアしても効果があるという保証はできません。

しかし、アロマは健康上のリスクは極めて小さいので、できるだけのことは、やってみる価値があると思います(リスクについては次項の〔③ 禁止事項〕と〔④ 副作用〕を参照)。

特に、塗布法を用いる琉球大学の方式は、単に世に知られていないだけで、良好な結果を得られる可能性が高いのではないでしょうか(管理人の意見です)。



3. 実践に際しての注意点


① オイルの種類


浦上教授の実験で使用されたオイルのうち、ローズマリーとラベンダーについては複数の種類があり、それぞれ正しくはローズマリー・カンファーと真正ラベンダーを指すようです。
このことは、いくつものサイトが共通して指摘していますし、実際にこれらのオイルをブレンドした製品が何種類も販売されているので、間違いありません。

また、実験で用いられたとおり、ローズマリー・カンファーとレモンは昼用、真正ラベンダーとオレンジ・スウィートは夜用です(割合はどちらも2:1)。
昼用は交感神経を優位にして体を活発に活動させ、夜用は副交感神経を優位にしてゆったりとした気分にさせるという、それぞれ異なる働きをします。
昼と夜、どちらも2時間ずつ使います。
 

② オイルの選び方


化学合成物や他の原料が混じったものでは効果がないため、天然成分100%のもの(精油:エッセンシャルオイル)が推奨されています。
天然ものは、瓶のラベルに「精油の学名」(ラテン語)と「ロット番号」(産地や製造年などが細かく調べられる管理番号)が記されているそうです。

また、前の記事で述べた、深夜に何度も起きる重度の患者さんのケースでは、価格の安いオイルに切り替えると全く効果がなかったそうです。

③ 禁止事項


嗅ぎすぎないこと(香りが強いので、気分が悪くなったり頭痛が起こる場合がある)。
肌に直接つけたり、目に入らないようにすること。
飲まないこと(中毒症状を引き起こす危険がある)。
などが指摘されています。
ただし、既に触れたように、肌につけるときはファーナスオイル(キャリアオイル)で薄めれば良いようです。

 上記①、②につき、参照⇒【たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学~認知症予防アロマ】ジョブチューン | 湘南藤沢辻堂のパフュームセラピストのブログ
 ②につき、参照⇒精油のニセモノには気をつけろ! その2 (鈴木泰子氏〔助産師・看護師・医療ライター〕)
 ⇒アロマテラピーで認知症を予防!すぐに見られる効果もあった!? (前掲ブログ)
 ①、②、③につき、参照⇒認知症の予防改善にアロマオイル驚きの効果?
 ⇒認知症予防とアロマの驚くべき新事実

④ 副作用


同居者に妊娠中の女性や高血圧、低血圧、てんかんの人がいる場合は、アロマを使う前に医師へ相談する
・ラベンダー、ローズマリー、レモンは通経作用があるため、妊娠初期の人は使用を控える
ラベンダーは血圧降下、ローズマリーは血圧上昇を促す成分が含まれるため、持病に影響を与える可能性がある
と指摘されています。
 参照⇒認知症予防とアロマの驚くべき新事実 (前掲サイト)

⑤ その他


琉球大学のチームは、実験にあたって「ナード・アロマテラピー協会」認定のトレーナーから指導・助言を受けています。
不明の点はトレーナーに質問すると良いでしょう。
 同協会については、参照⇒NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会



4. 用意するもの


オイルのほか、ディフューザーが必要とされますが、当ブログでは上に述べた理由から、皮膚に塗る方法をお勧めします。

もしオイルを塗る時間がないまま外出されるなどの場合は、首から下げるアロマペンダントか、服のポケットなどに取り付けられるクリップをお勧めします。

節約するなら、オイルをハンカチに染み込ませて胸ポケットに入れるだけでも良いかもしれません。ただし、オイルの染み込んだ部分がポケットの外に出るようにします(管理人の意見です)。

↓前の記事で述べた、深夜に何度も起きる重度の患者さんに効果のあったオイルです。
原料の産地はスペイン、イタリアなど全て海外です。




「消臭力」や「ムシューダ」をつくっているエステー社の製品です。価格が安いので少し怪しい気もしますが、有名メーカーなので変なものではないと思います。参考までに。



↓クリップ型ディフューザーです。ペンダントより価格が安い分、浮いたお金をオイルに回せます。
ただ、外出先で外れて無くすこともあるでしょうから、二つぐらいあった方がいいかもしれません。


↓参考までに、アロマペンダントです。高いけど、クリップほどは外れることはありません。


↓琉球大学の研究チームが使ったオイル3種とファーナスオイルです。








関連記事
アロマセラピーで認知症を改善できるか ① ~期待が持てる実験結果
アロマセラピーで認知症を改善できるか ② ~重度の症状も改善

スポンサーサイト

アロマセラピーで認知症を改善できるか ② ~重度の症状も改善

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

アロマセラピーで認知症を改善できるか ① ~期待が持てる実験結果の続きです。


1. 重度の認知症でも周辺症状の改善には望みあり


あるブログの管理人さんは、自分の母親(重度のアルツハイマー病患者)に浦上教授の方法でアロマセラピーを試した結果、認知症の中核症状(記憶・見当識・判断力など知的機能の障害)には、全く効果がなかったそうです。

ただ、この患者さんは、夜の就寝後、不安や妄想、興奮など認知症の周辺症状のため一晩に4~5回も起きていたのが、アロマを使うと熟睡して起きなくなったと言います(最近では周辺症状を『行動・心理症状(BPSD)』とも言います)。

なので、
「認知症の周辺症状の改善には、進行した認知症の状態でも、ある程度の改善は期待できるのではないかと思いました」
と管理人さんは述べています。

 参照と引用⇒アロマテラピーで認知症を予防!すぐに見られる効果もあった!?

前の記事の冒頭で触れた、認知症患者による暴力、暴言などは周辺症状に属します。
上の事例で、アロマセラピーが脳の興奮などを抑制したのであれば、同じく脳の興奮で引き起こされる暴力や暴言などの症状にも、大なり小なり有効であることを示唆するのではないでしょうか(当ブログ管理人の意見です)。



2. もう一つの実験


一方、2011年に、琉球大学の研究チームが、浦上教授が用いたのとは別のオイルで、アロマセラピーの対認知症効果を検証しています。

この研究は、アルツハイマー型の患者16人を含む32人(うち5人が中途で脱落)の認知症高齢者に対し、14日間行われました。

使われたオイルは、ラヴィンツァラ、スパイクナード、リトセアの3種類の精油(各0.9cc)をファーナスオイル(希釈用オイル)(130cc)に入れ、2%に薄めたブレンドオイルです。
これを1ml、毎日13~14時に患者の両肩と背中に塗布するという方法がとられました。

塗布法の主な利点について、同チームは、

・ディフューザー(芳香器)を使った場合は、対象者とディフューザーの距離の違いによって、吸い込む芳香成分の量に違いが生じる
・ 肌に塗る方法なら、皮膚表面から体内に浸透することで、ディフューザーを使う場合より多くの有効成分を吸収することができ、それに加えて、塗るときにも鼻から吸入された成分が脳へ直接送り込まれる

などの点を挙げています。

 参照⇒知念紫維菜他「アロマテラピーを活用した認知症高齢者の日常生活動作能力, 認知機能, および行動・心理症状に及ぼす影響に関する実証的研究」(『琉球医学会誌』31〔1-2〕、2012年)42-43、45頁。



3. 重度の認知症の中核症状が改善


検証の結果、対象者全体で生活上の行動範囲の拡大が見られました
これは、例えば寝たきりの人の生活範囲は寝床の上だけですが、そこから寝床周辺や室内へ、また屋内だけで生活していた人は、屋外或いは近隣などへと拡がるということです。
また、重度の患者の見当識と排便コントロールが改善したとしています。
一方、行動・心理症状については変化はなかったとしています。
 参照⇒知念他、前掲論文、45頁。

同チームは、この結果について、
「香りの刺激によって情動や記憶を司る扁桃体や海馬、視床下部、視床、大脳基底核の血流が増加することが報告されている」
と述べています。
 引用⇒知念他、前掲論文、47頁。

前の記事の冒頭で述べたように、失禁は介護者の大きな負担であり、アロマセラピーによってこれが緩和されることが期待されます。

また、見当識の改善は、介護者や家族の精神的負担の緩和に寄与するので、これも注目に値する結果と言えましょう。

また、この実験での症状の改善がアルツハイマー型に限定されず、脳血管型や混合型の患者にも見られたことも、極めて重要な点です。



4. 出てこない実践例


前の記事で挙げた、重度の患者さんにアロマセラピー(浦上教授の方法)を試した事例では、中核症状には効かなかったようですが、浦上教授の実験でも効果があったのは軽~中度なので、理屈の上では、重度の患者で改善しないからといって悲観する必要はないということに、一応はなります。

ところが、ネット上で今回調べた限りでは、すでに引用したテレビ番組での実験以外では、浦上教授の方法で軽~中程度以下の患者の知的機能が回復したという実践例を拾うことはできませんでした(もっとも、中程度以下の患者に効かなかったという例も出てきませんでした)。

2005年の実験から12年も経つというのに、追試的な臨床試験はおろか、上に引用したブログを除いて、一般人による実践報告すらありません(『効いた』という報告も『効かない』という報告も)。

また、琉球大学の研究結果は、重度の認知症の中核症状に対するアロマセラピーの可能性に期待を抱かせるものです。
しかしながら、浦上教授の方法と違ってテレビでは取り上げられていないせいか、この研究と同じ方法での実践例は、ネット上では見当たりませんでした。
研究者による検証報告も見つかりません。

これでは、どちらの方法も本当に効果があるのか、少々不審に思わざるをえません。
これは一体、どう考えれば良いのでしょうか。


アロマセラピーで認知症を改善できるか ③ ~効果が出ないときの対策と注意点に続きます。


関連記事
アロマセラピーで認知症を改善できるか ① ~期待が持てる実験結果
アロマセラピーで認知症を改善できるか ③ ~効果が出ないときの対策と注意点


アロマセラピーで認知症を改善できるか ① ~期待が持てる実験結果

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

お勧め度・・・★★☆(この方法は、大学の研究者による臨床的実験で効果が確認されていますが、他の研究者による検証データが少なく、またネット上でも、認知症の中核症状については、効果があったという一般人の報告が見当たりません。従って、★は二つといたします)


世界最速で超高齢社会に突入した日本。高齢者の数は年々増え、必然的に、介護が必要な高齢者も増加しています。

しかし、介護の現場は、部外者が想像するよりもはるかに過酷で、精神的に非常にきつい環境だそうです。
認知症の高齢者が介護者の言うことを聞かないのは序の口で、暴言を吐く、暴力を振るう、物を壊すなど、一般社会なら非常識な仕打ちを介護者が受けることも多いと言います。

そして、人によっては、上のような状況に加えて、弄便、失禁などが起こるので、介護者は汚物との戦いに追われることになります。
これはきつい。きつすぎる。潔癖症の私なんか、10分でノックアウトです。
実際、介護施設の職員は離職者が大変多いと聞きます。

このような状況の中、認知症に対する根本的な治療法はまだ見つかっていませんが、せめて予防・改善する方法が強く要請されます。
そして、近年発見された認知症の予防・改善方法のひとつに、アロマセラピーがあります。
提唱しているのは、鳥取大学医学部の浦上克哉教授です。
また、浦上教授とは別の方法で琉球大学も研究を行なっています。

認知症に対するアロマセラピーの有効性は、すでに何本かのテレビ番組で紹介されており、ネット上にも、これを取り上げたサイトがいくつもあります。
このシリーズの記事では、浦上教授の論文と、それについて書かれた他サイトの内容を要約し、また、琉球大学の研究結果をご紹介することで、アロマセラピーの対認知症効果についてお伝えします。

ただし、私を含めて私の近親者には、認知症を発症した者はいませんので、自分や近親者によるアロマセラピーの実践結果をお知らせすることはできません。

しかし、認知症は本人にも周囲にも深刻な事態をもたらすので、少しでも有望な方法があるなら多くの人に知っていただくため、このブログでもご紹介することにしました。


1. 認知症に対するアロマセラピー実験


認知症には、よく知られたアルツハイマー型のほか、レビー小体型、脳血管性、混合型など、様々な種類があります。

浦上教授は、2005年に、アルツハイマー型の患者10人を含む28人の高齢者を対象として、28日間、午前中にローズマリーとレモンの精油(エッセンシャルオイル)を2時間、午後にラベンダーとオレンジ(量の割合はどちらも2:1)を2時間、ディフューザー(芳香器)で患者の部屋に拡散しました。

すると、軽度~中程度のアルツハイマー型患者において、知的機能、特に「自己に関する見当識」の著明な改善が見られました(見当識とは、時間や日付、今いる場所、自分や人が誰なのか、などについての認識です)。
ただし、脳血管性や混合型などの認知症患者には変化はありませんでした

 参照⇒木村 有希、浦上克哉他「アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性」(『日本認知症学会誌』Vol.19-1、2005年)78-80頁。 



2. アロマによる嗅覚刺激が神経細胞を発生させる


この結果について浦上教授は、
① アルツハイマー型の早期においては、脳の内嗅皮質や海馬などに病変が蓄積し、
② これがさらに扁桃や視床下部など、嗅覚情報を処理する領域に拡大し、
③ それが嗅覚機能障害を進行させるという仮説が支持されてきた
と述べ、

一方、
④ 脳内にあるヒト海馬歯状回と側脳室脳室下帯では、生涯にわたって、神経細胞が発生し続けており、
⑤ その発生の度合いは様々な環境要因によって左右されるため、
⑥ アロマセラピーの匂いが刺激となって、海馬における神経細胞の発生が促され、認知機能を改善したのではないか
と指摘しています。

 参照⇒木村、浦上他、前掲論文、82頁。



3. さらなる効果への期待


もっとも、浦上教授は、2003年にもこれと同様の調査を行なっており、そこでは期間が半分の14日間であったにもかかわらず、知的機能の多くの項目で改善があったほか、自発性や運動機能など、広く効果が認められたと言います。

そして、この違いの原因は、この調査(2005年)でのオイルの使用量が前回より少なかったためであり、オイルを増やせば「より広い効果が期待できる可能性がある」としています。

 参照と引用⇒木村、浦上他、前掲論文、78、82頁。

当ブログ管理人としては、実験の期間がさらに長ければ一層の好結果が得られるのではないかと推察します。

また、浦上教授の研究を紹介した2014年2月25日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 ~名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP」(テレビ朝日系)では、
・すでに認知症になっている人でも薬物を使った場合と同じぐらいに改善できる
・物忘れが激しい認知症予備軍の人でも正常な状態に戻る
・脳内の変化は、認知症(アルツハイマー型)を発症する10~20年も前から起こっているため、40代50代の人が実践しても認知症を予防する効果がある
とされていたそうです。
 引用⇒ローズマリー・レモン・ラベンダー・オレンジのアロマオイルで認知症は予防できる!認知症予備軍を正常に戻せる!!|嗅神経が認知症予防の鍵になる!|たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学~名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決SP(2/25) その2


アロマセラピーで認知症を改善できるか ② ~重度の症状も改善に続きます。
 

関連記事
アロマセラピーで認知症を改善できるか ② ~重度の症状も改善
アロマセラピーで認知症を改善できるか ③ ~効果が出ないときの対策と注意点


がんになっても死亡率を下げる!! 自分でできる方法(大腸がん 前立腺がん)

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

この方法のお勧め度・・・★★★

ネットを徘徊していると、がんという巨大な病気に自力で対抗する手立てを発見しました。
無論、自力で対抗するといっても、当然、医師の治療を受けながらではあります。

このブログが対象とするのは「小さな病気」ですが、がんは人類の不倶戴天の敵です。これを撃破する手段をご紹介するのに、躊躇する理由がどこにありましょうか。

私の身内も2人、がんで死んでいます。このブログを通じて、悪逆非道のがんどもに復讐の銃弾を叩き込んでくれるわ!!

さて、その方法をかいつまんで言うと、運動量の多い人は運動しない人に比べて、大腸がんによる死亡率が47%も低いというのです。
また、前立腺がんの患者についても、ウォーキングを週3時間未満しかしない人に比べて、週3時間以上する人は、再発・転移・死亡のリスクが57%も下がっていたそうです。
 参照⇒運動すればがんの進行を抑えられるってホント? ウォーキングなどでがん抑制、最新の研究が明らかに (日経ビジネスオンライン)

リンク先の記事によると、前立腺がんは男性ホルモンであるテストステロンをエサにして増殖しますが、運動することによって筋肉で消費され、前立腺がんの取り分が少なくなる、という仮説が提示されています。

大腸がんについても、大腸がんを増殖させるIGF(インスリン様成長因子)が、運動によって筋肉で使われ、がんの進行を抑えるのではないかと言われています。

運動とがんの関係は未解明な部分も多いらしいですが、リスク低下のデータがあるので希望が持てます。ぜひ参考にしていただきたいと思います。


同じカテゴリの記事
アロマセラピーで認知症を改善できるか ① ~期待が持てる実験結果
アロマセラピーで認知症を改善できるか ② ~重度の症状も改善
アロマセラピーで認知症を改善できるか ③ ~効果が出ないときの対策と注意点