AX










虫歯の進行を自力で止める2-3 ~アパガード

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

おすすめ度・・・★★☆(管理人によるアパガードの使用結果については、掲載予定の別の記事でご紹介します)

虫歯の進行を自力で止める2-2 ~MIペースト の続きです。
虫歯の進行を止めるのに役立ちそうなものとして、アパガードをご紹介します。


1. アパガードとは

  
MIペーストの説明で述べたとおり、歯は主にハイドロキシアパタイトで構成されます。
ハイドロキシアパタイトはリン酸カルシウム水酸化物イオンから成り立っています。

MIペーストの主成分は、ハイドロキシアパタイトを構成するリン酸カルシウムですが、ハイドロキシアパタイトそのものを配合した歯磨き剤があります。それが「アパガード」です。

アパガードには、天然のハイドロキシアパタイトに近い組成の「ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト」という有効成分が含まれます。



2. アパガードの効能


アパガードの効能は以下の通りです。

① 薬用ハイドロキシアパタイトは細菌に付着する性質があり、虫歯菌や歯垢をからめ取り、除去します。
これにより、歯ブラシの届きにくい部位の歯垢も除去しやすくなります。
 参照⇒オーラルケア/フッ素について (ホワイトファミリー歯科) 「4.酸と菌から歯を守る、ツルツルな面を得る」の項

② 歯の脱灰した部分に薬用ハイドロキシアパタイトが浸透し、再石灰化します。
その再石灰化効果は、フッ化物配合歯みがき剤と同等であることが確認されています。
 参照⇒ゆめはんな歯科クリニック:「歯のトリートメント」
 
③ エナメル質のミクロの傷を埋めて滑らかにし、歯垢や着色を付きにくくします(再結晶化)。
 参照⇒歯のエナメル質を修復する歯磨き『アパガードリナメル』 (天野歯科医院)

上記①の歯垢除去効果から考えると、詰め物の下など歯ブラシの届きにくい場所にある歯垢を取ることで、そこでの虫歯の進行を抑制することも期待できそうです。



3. 象牙質の再石灰化とアパガード


アパガードで象牙質の再石灰化が可能かどうかについては、ネット上では確認できませんでした。

しかし、虫歯の進行を自力で止める2-1 ~フッ素で説明したように、象牙質はエナメル質よりハイドロキシアパタイトの構成率が低いにもかかわらず、フッ素で再石灰化できます。つまり、再石灰化が可能という性質を持ちます。
 
アパガードの主成分であるハイドロキシアパタイトは、エナメル質を再石灰化できます。そして、いま述べたように象牙質も再石灰化が可能という性質を持ちますから、アパガードで象牙質を再石灰化することもできるはず、と考えられます(ただし、これは管理人の希望的観測です)。



4. 知覚過敏とアパガード


ハイドロキシアパタイトは、知覚過敏治療に使われる象牙細管封鎖剤にも含まれます。そして、象牙細管内部に浸透することでこれを封鎖し、知覚過敏を緩和します。即効性・持続性のバランスに優れると言われています。
 参照⇒知覚過敏治療 (林歯科診療所)

アパガードもハイドロキシアパタイトを配合していますから、同様に象牙細管を封鎖できるものと推定されます(管理人の見解です)。



5. アパガード使用上の注意


フッ素やMIペーストの使用上の注意でも申しましたが、象牙質の虫歯は進行しやすいので、虫歯になりやすい体質の人は、アパガードの再石灰化能力に過度に期待しないほうが良いでしょう。
もし冷たいものや熱いものがしみるようなら、それは象牙質の虫歯なので、無理をせず歯科医院を受診してください。



6. MIペーストとアパガード


MIペーストもアパガードも、歯の構成成分を含み、歯を再石灰化させるという点は共通しています。
では、この両者のどちらを選べばよいのでしょうか。選択の参考に、比較しておきましょう。

まず両者の成分を比べると、アパガードが含むのは歯を構成するハイドロキシアパタイトそのもので、一方MIペーストは、ハイドロキシアパタイトの一部であるリン酸カルシウムです(別の一部は水酸化物イオン)。

前者のほうが歯の再石灰化には有利に思えますが、後者はフッ素と結合することで、歯に取り込まれるのを促進されます。
つまり、脱灰が起こるとフッ素イオンが水酸化物イオンと入れ替わってリン酸カルシウムと結合し、歯の一部になるということです。
しかも、このフッ素とリン酸カルシウムから成る物質(フルオロアパタイト)は、ハイドロキシアパタイトよりも酸によって溶けにくいので、フッ素の塗布の後にMIペーストを使うことで、再石灰化の強化が期待できます。
 参照⇒リン酸カルシウム 馬場歯科医院

従って、歯の再石灰化に関しては、フッ素と併用するのであれば、アパガードよりもMIペーストが有利と言えましょう。

再石灰化以外の効能については、以下の通りです。

・МIペースト
① 口の状態を酸性から中性に戻します(中和作用)。
② 口が酸性になりにくい状態を維持します(緩衝作用)。
③ 象牙細管を封鎖します。

・アパガード
① 虫歯菌や歯垢をからめ取り、除去します。
② エナメル質のミクロの傷を埋めて滑らかにし、歯垢や色を付きにくくします。
③ 象牙細管を封鎖します(ただし、管理人の推定です)。

両者にはこのような違いがあります。

アパガードの①の働きはMIペーストにはありません。しかし、フッ素を一緒に使っていれば、フッ素の効能の一つである「歯垢内での虫歯菌による酸の産生や歯垢の形成を抑制する」という働きで代替できそうです。
また、MIペーストは歯垢の中にまで取り込まれて歯を再石灰化させますから、菌や歯垢対策では両者引き分けといったところでしょうか。
ただ、歯垢・虫歯菌は除去したいという人なら、アパガードが良いでしょう。

また、唾液の緩衝能(口内の酸性化に対する中和能力)が低くて虫歯になりやすい人はMIペースト、歯の着色が気になる人はアパガードを選ばれると良いかと思います。

私は体質的に虫歯になりにくく、歯垢や菌の除去を重視するのでアパガードを使っています。
皆さんも、ご自分の体質や虫歯の状態に合わせてお選びください。

虫歯の進行を自力で止める2-4 ~パーフェクトぺリオ に続きます。



関連記事
虫歯の進行を自力で止める2-1 ~フッ素
虫歯の進行を自力で止める2-2 ~MIペースト
虫歯の進行を自力で止める2-4 ~パーフェクトぺリオ
虫歯の進行を自力で止める2-5 ~システマEX 口内殺菌のリスク【超重要】
虫歯の進行を自力で止める2-6 ~クリニカクイックウォッシュ
虫歯の進行を自力で止める2-7 ~乳酸菌(L.ロイテリ菌)
虫歯の進行を自力で止める2-8 ~キシリトール
 
上記以外の虫歯関連の記事へは、全記事一覧から飛んでください。
お手数をおかけして申し訳ございません。「大人の事情」です。



スポンサーサイト
[ 2017/04/03 00:58 ] 歯の病気(虫歯) 虫歯 製品編 | TB(0) | CM(-)

加齢臭・ミドル脂臭を元から断つ!! ① ~基本の方法

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

お勧め度・・・★★★

人、特に男は年をとると、体からそれまで出なかったニオイを発するようになります。加齢臭とかミドル脂臭と呼ばれるニオイです。
前者は50代から出始め、後者は30代から40代ごろに出るとされています。

ミドル脂臭というのは加齢臭ほどは耳にしない言葉ですが、加齢臭の場合とは別の原因物質によって出るニオイです。
30代~40代の人が、自分がいわゆるオヤジ臭いニオイを出していることに気づき、
「俺もついに加齢臭が出るようになったのか、ぐぬぬ……」
と思うのは勘違いで、それは実はミドル脂臭なんだそうです。

ともあれ、年をとると、なぜあんな変なニオイが出るのでしょうか。



1. 加齢臭、ミドル脂臭に意味はあるのか


そもそも生き物の体の機能や構造、さらに習性などは実に合理的に出来ていて、種や個体の維持のために必ず役に立つようになっています。

最近はその観点から生き物の行動などを説明することが多いようで、例えば乳児が夜泣きをするのは、両親が弟や妹をつくるのを妨害することで、その後長期間、自分の世話に集中させるためだと言われています。

そして加齢臭、ミドル脂臭については、実の娘との近親相姦を防ぐために、若い女の嫌うニオイが出るのであると言われています。

確かに理屈は通っていますが、実際にその通りなのか、それとも人間が後づけでそう解釈しただけなのかは、生物学については素人の私には分かりません。


2. これはミドル脂臭?


ところで私も30代後半から変なニオイが出るようになりました。
自分ではこれは加齢臭だと思っていましたが、加齢臭は古本やローソクのニオイに似ているとされていて、私のはそれとは違ったニオイです。

また、ミドル脂臭は古くなった油とか腐ったチーズのニオイと言われていますが、私はそういうニオイを嗅いだことがないので、ミドル脂臭なのかどうか、分かりません。
そもそも私のニオイは何にも似ていないので、どういうニオイなのか説明できません。

それと、ニオイの出る部位も、ミドル脂臭は頭皮とされていますが、私は胸と背中の上部、それにどういうわけか手から出ます。

ただ、年齢から考えると、やはり加齢臭ということは考えにくく、ミドル脂臭の可能性が高いと思われます。

ともあれ、あのニオイが出ると、自分一人しかいない部屋の中でも、気分が良くありません。

それに、娘のいない私にとってはミドル脂臭も加齢臭も全く無意味であって、近親相姦を防ぐとか、余計なお世話です。
生物的な合理性とか言われても、そんなもんクソ食らえですよ。
そんなことより日々の快適な生活の方が、よほど大事ですって!



3. ミドル脂臭を完全に消せた!


そこで、加齢臭、ミドル脂臭を出さなくするための対策をネットで調べてみましたが、それはすでに私があるていど実践しているものでした。

どうしたものか思案するうちに、たまたま、ある二つの方法にたどり着きました。
そして、この二つの方法を用いることで、(自覚する限りでは)完全にミドル脂臭が出なくなったので、これらが最も強力なミドル脂臭対策であると考えております。

この記事の続きの加齢臭・ミドル脂臭を元から絶つ!! ② ~管理人オリジナルの方法で、その二つの方法をご紹介します。
ちなみに、特殊な石鹸を使うとか、デオドラントを吹きつけるとか、体表面でニオイを消す手段ではありません。
体内環境を整えることで、ニオイが最初から出なくなる方法です。
したがって、私のような事例だけでなく、普通のミドル脂臭や加齢臭にも効果があると思われます。

ただ、その前に、ネットですでに紹介されている加齢臭対策、ミドル脂臭対策も、これはこれで筋が通っているので、対策の基本として知っておくべきかと思います。

私の発見した二つの方法を実践しても、この基本をおろそかにすると、加齢臭・ミドル脂臭は止められないかもしれません。
ですので、二つの方法と基本の対策を並行して行なっていただきたいと思います。



4. 加齢臭対策の基本


加齢臭の原因は、皮脂に含まれるパルミトオレイン酸が酸化されてできるノネナールという物質です。
年をとるとバルミトオレイン酸が増えることに加えて、抗酸化力も落ちるので、パルミトオレイン酸が酸化されやすくなる、と言われています。

対策としては、入浴や洗濯などで清潔を保つのは当然として、それ以外には以下の点が挙げられます。

① 夜更かしをしない
深夜12時を過ぎても起きていると、日中よりも皮脂の分泌が増えると言われています。

② タバコ、ストレス、紫外線を避ける
これらはいずれもいずれも体内の酸化を進め、ノネナールができやすくなると言われています。

③ 抗酸化作用の強い食品を摂る
抗酸化作用強い食品として代表的なものは以下の通りです。

フィトケミカル
・リコピン:トマト、すいか、さくらんぼなど
・ポリフェノール:カカオ、赤ワイン、ブルーベリーなど
・イソフラボン:大豆、豆乳、豆腐など
・ペクチン:りんご、みかん、あんずなど

ビタミン類
・β-カロテン(ビタミンA):緑黄色野菜(かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンなど)
・ビタミンC:じゃがいも、いちご、レモン、キウイフルーツなど
・ビタミンE:ナッツ類、アボカド、ブロッコリーなど

ミネラル類
・亜鉛:牡蠣、小麦胚芽、レバーなど
・セレン:大豆、玉ねぎ、魚介類など

 上記③については、引用⇒【専門家が監修】抗酸化力の高い食べ物 | 美肌レシピ - スキンケア大学

④ 運動をする
20分ていどのウォーキングなど、有酸素運動が推奨されています。

 以上、①、②、③については、参照⇒40代は要注意! 加齢臭=老化現象。ニオイを抑えれば若返る!? (日経Gooday)

②、③、④については、参照⇒汗ばむ時期に気になる加齢臭は「臭くない」 臭いのは…:yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)



5. ミドル脂臭対策の基本


ミドル脂臭の原因は、汗に含まれる乳酸が、頭皮に常在しているブドウ球菌により分解されてできるジアセチルという物質です。
したがって、ミドル脂臭を防ぐには、乳酸の発生を抑えることが必要とされています。

乳酸が発生する原因は、エネルギー代謝が不充分であることと、血行不良であるとされています。
 参照⇒ミドル脂臭の原因 | メンズスキンケア大学

エネルギー代謝とは、生命現象に伴う、エネルギーの変換や出入りを言います。
 参照⇒エネルギー代謝とは - 生物学用語 Weblio辞書

具体的な対策としては、以下の点が挙げられます。

① 食事の偏りを避ける
食事が偏ると血行や代謝能力が低下し、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるほか、乳酸が体内で分解されにくくなり、ジアセチルの発生につながります。

これに対しては、特にビタミンB群やクエン酸の摂取がミドル脂臭に有効とされています。
ビタミンB群は代謝を促進する働きがあり、中でもビタミンB1が効果的です。豚肉・鶏肉・大豆・かつお節などに多く含まれています。
一方、クエン酸は乳酸の分解を助けます。酢・柑橘類・梅干しなどに多く含まれています。

② 過度の飲酒やタバコを避ける
これらは血行や代謝能力を低下させる原因となります。

③ 不規則な生活やストレスを改善する
これらも血行不良を引き起こすとされています。

④ 適度な運動をする
通勤の際にひと駅余分に歩くていどの運動は、血行促進に効果的とされています。

 参照⇒ミドル脂臭の予防・対策(4)食事・食べ物 | メンズスキンケア大学
    ⇒原因は乳酸!? ミドル脂臭の対策方法とは | メンズスキンケア大学

加齢臭・ミドル脂臭を元から絶つ!! ② ~管理人オリジナルの方法 に続きます。