AX










虫歯の進行を自力で止める1-1 ~押さえておくべき虫歯の基礎知識 ①

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

1. 虫歯が進行すると


現在の歯科医学の常識では、虫歯というものは、ごく初期のものを除くと、治るということはありません。
つまり、一度、歯に穴が開くほど大きく進行すると、穴が埋まって元に戻ることは不可能ということです。

そして、虫歯が歯の中心にある神経にまで達すると、最悪の場合、神経を抜くことになります。
歯の神経は血管と絡まりあった「歯髄」という組織で、歯に栄養を供給しています。
なので、神経を抜くと、その歯はもろくなり、いずれ欠けたり割れたりします。割れると、その歯は抜くというのが、現在の歯科治療の一般的な対応のようです。

もちろん、虫歯を削って詰め物をすれば、進行はそこで止まります。
しかし時間が経つと、歯と詰め物の間に虫歯が発生して隙間ができることがあります。
そして、気づかぬうちに虫歯による隙間が次第に深くなり、詰め物の下にまで来たり、エナメル質(歯の表面の層)の下にある象牙質まで侵食される危険があります。

象牙質はエナメル質より柔らかく、虫歯の進行は速まるので、詰め物の下で虫歯が拡がってしまいます。
象牙質は神経の上の層なので、ここで虫歯が拡がると、王手です。
しかも、普通の歯磨きでは詰め物の裏側までは歯垢の除去ができないので、歯磨きの効果は薄くなります。

たとえ虫歯が詰め物の下や象牙質まで来ても、歯と詰め物の隙間を通って虫歯の表面(または虫歯菌)に働きかけ、これを食い止める薬剤などは、ないのでしょうか。

そこで、虫歯の進行の阻止に役立つ可能性のあるものを探してみたところ、いくつか見つけることができました。
このブログでは、それをご紹介するとともに、当ブログ管理人が使ったり実践してみた結果もお知らせして参ります。

ただし、その前に、虫歯のについての基礎的知識からご説明いたします。
というのも、虫歯の発生や進行の速さは食習慣や体質などによって左右されるので、基礎知識に基づいて食習慣を改めたり、体質や虫歯の状況によって対応を変えたり、さらには自力での進行阻止を断念せざるを得ない場合もあるからです。

まずは虫歯が発生する過程を確認しておきましょう。



2. 虫歯ができる過程


① 口の中でミュータンス菌という虫歯菌が砂糖を取り込むと、不溶性グルカンと呼ばれる粘着質の物質をつくります。

② 不溶性グルカンが歯の表面に付着すると、そこにミュータンス菌のほかラクトバチラス菌という虫歯菌をはじめ様々な菌が入り込んで増殖し、菌とその代謝物のごちゃ混ぜ状態になります。それが歯垢です。
歯垢は「プラーク」とか「バイオフイルム」とも呼ばれますが、実体としては同じです。
 参照⇒「プラーク」と「バイオフィルム」と「歯石」の違い 東京国際クリニック/歯科

③ 飲食をすると、歯垢の中の虫歯菌は砂糖やそれ以外の糖類を代謝してをつくります。この酸によって歯垢の中が酸性になると、歯の中からカルシウムイオンとリン酸イオンと水酸化物イオンが歯垢内に溶け出してしまいます。それが「脱灰」という現象です。

④ 歯が脱灰しても、唾液に含まれる重炭酸塩やリン酸塩が歯垢内の酸を中和します。これによって、カルシウムイオンとリン酸イオンと水酸化物イオンが再び歯に取り込まれます。
また、これらのイオンは唾液中にも含まれていて、歯は修復されます。それが「再石灰化」です。

⑤ しかし、
・甘いお菓子やジュースなどをダラダラと、または日に何度も飲み食いすることが多い
・歯磨きが不十分で歯垢が多く残っている
・体質的に唾液の緩衝能(口の中が酸性に傾いたときに、これを中和する能力)が低い、または唾液の分泌量が少ない
などの場合は、脱灰に対して再石灰化が追いつかなくなり、虫歯が発生・進行します。



3. 糖類の虫歯リスク


以上のことを踏まえると、口の中に糖類が存在しなければ、虫歯の発生・進行を阻止できると、誰もが考えるでしょう。

一口に糖類と言っても、砂糖(蔗糖=スクロース)のほかに、
・米、パン、麺類、イモ類、トウモロコシの主成分であるデンプンを構成する麦芽糖(マルトース)
・果物などに含まれる果糖(フルクトース)
・ブドウ、バナナ、アンズ、蜂蜜などに含まれるブドウ糖(グルコース)
・牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)
などがあります。

ちなみに、デンプン自体は虫歯菌によって代謝されませんが、デンプンはそのまま口を通過するのではなく、一部は唾液に含まれるアミラーゼによって麦芽糖に分解されます(ブドウ糖に分解される場所は小腸です)。
デンプンによって構成される米やパンなどは人の主食なので、糖類一切抜きの食生活を続けるのは、ほぼ不可能でしょう。

これらの糖類のうち、虫歯になるリスクはどれが高いのかについては、
『砂糖』がやはり大物中の大物であることは言えると思います。
『ブドウ糖』や『果糖』『ガラクトース』『マルトース』などでもそれぞれの大きさのリスクはありますが、『砂糖』と比較すれば小物?と言っていいかも知れません」とか
砂糖がもっとも危険、蜂蜜や果物やメープルシロップや、デンプンなどはその後の順になりますが、かなり危険度は低い」
と言われています。
 引用⇒結局のところ糖類はどうすればいいのでしょうか?(虫歯予防) (歯チャンネル88)(←回答12および17より引用)
 参照⇒コラム|インプラント・歯周病治療の村松歯科
    ⇒意外な食べ物からの虫歯 | 汐留イタリア街の歯医者|オリオン歯科

そこで、せめて砂糖だけでも摂らないようにするとしても、普通の料理の味付けに砂糖が使われていることも多いですから、食事から砂糖を完全に排除することは困難と言わざるをえません。

と言っても、悲観する必要はありません。私の経験から言えば、普通に甘いお菓子を食べても、適切な虫歯対策をとることで、虫歯の進行を、少なくとも遅らせることは可能です。
このブログでは、その対策を順を追ってご紹介してまいります。



4. 象牙質の臨界pH


色々な糖類のうち、デンプン(→麦芽糖)については危険度が低いと言っても、それはエナメル質の話であって、象牙質については別です。
エナメル質が脱灰を始める臨界pHは5.5ですが、象牙質は6.7となっています。そして、虫歯菌が麦芽糖からつくる酸のpHは5.5以下にはなりませんが、象牙質を脱灰させる程度には下がるためです。
 参照⇒稲毛エルム歯科クリニックのブログ

なお、象牙質の臨界pHを5.7~6.2とする見解もあります。
 参照⇒きたじま歯科医院 -診療のご案内 - 虫歯について知ろう!

しかし、安全のため、6.7と考えたほうが無難かと思います。

なので、虫歯が象牙質にまで達している場合は、たとえ食事から砂糖を排除できたとしても虫歯の進行の危険は残ることになります。
ただ、私の経験からすると、象牙質が虫歯にやられていても、虫歯になりやすい体質でなければ、対応次第では進行を遅らせることはできます(虫歯になりやすい体質については、次の記事で述べます)。


長くなるので、一度切ります。
虫歯の進行を自力で止める1-2 ~押さえておくべき虫歯の基礎知識 ②に続きます。


関連記事
虫歯の進行を自力で止める1-2 ~押さえておくべき虫歯の基礎知識 ②
虫歯の進行を自力で止める1-3 ~知らないとヤバい基本の方法 ①
虫歯の進行を自力で止める1-4 ~知らないとヤバい基本の方法 ②

上記以外の虫歯関連の記事へは、全記事一覧から飛んでください。
お手数をおかけして申し訳ございません。「大人の事情」です。
スポンサーサイト


[ 2017/01/12 00:15 ] 歯の病気(虫歯) 虫歯 基礎編 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkbtcs.blog.fc2.com/tb.php/14-0d83d086