AX










アメリカ製のサプリメントは信用できるのか?

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。
お勧め度・・・★★★

最近はネット通販の普及により、海外の商品も簡単に購入できるようになりました。
私が買ったことがあるのは、ブラジル製の安いクッキーをダンボール一箱(味は色々)とか、タイ製の育毛薬とか、アメリカ製のサプリメントや音楽CDなどです。
特にアメリカ製のサプリメントは、アマゾンでも楽天でも検索するとよくヒットするので、目にしたことのある方も多いと思います。

ところで、工業製品や食品の品質は、いまや日本製品や国産品が世界のトップレベルの評価を得ています。昔は舶来ものを有り難がっていた日本人自身が、今では日本製でないと不安に思うほどです。
そうした中、健康を左右しうるサプリメントがアメリカ製となると、効果や品質面で問題はないのか、疑念を持つ方も多いことでしょう。ほかならぬ私自身が、そうでした。

そこで、私が愛用しているアメリカのダグラス・ラボラトリーズ社のマルチビタミン・ミネラル「UPX」を例にとって、アメリカ製のサプリメントの品質について調べてみました(タイ製の育毛薬は、ちゃんと効きました)。



1. UPXの効果について


加齢臭・ミドル脂臭を元から絶つ!! その2 ~管理人オリジナルの方法で書いたように、私はUPXを飲む前に国内メーカーのマルチビタミンミネラルのサプリメントを飲んだことがありますが、ミドル脂臭に対しては効果はありませんでした。

ところが、UPXを飲み始めると、栄養状態が改善したらしく、ミドル脂臭の強さが3割程度にまで弱まりました。
それ以来、4年ほど飲み続けていますが、効果は維持できており、健康面での悪影響などもありません。

従って、国内製より、アメリカ製のサプリメントに効果があり、品質面でも問題はなかった、ということになります。
これは一体なぜでしょうか。

まず効果に関して言うと、ダグラス・ラボラトリーズ社はUPXの製造について、
・全ての成分と添加物は自然由来のものを使用すること、
・高い熱をかけずに打錠すること(=高温に弱い栄養素を壊さない)、
・有機溶剤を一切使用しない安全な成分抽出方法を行うこと、
などのルールに従って造られていると説明しています。
 参照⇒UPX 120粒(200569-120) サプリメントのダグラスラボラトリーズ

このような製法が、他のサプリメントとの違いを生んでいるのかもしれません。

薬剤師によると、化学的に合成・抽出する方法で作られたサプリメントは、主に石油を原料としており、同じ化学構造を持っていても、天然のものと比べて吸収率が悪く、また構造も不安定なので、表示された量の成分が含まれていないことがほとんどだそうです。
したがって、天然成分を抽出したもの、さらにはオーガニックな原料のものが推奨されています。
 参照⇒薬剤師が解説!市販のサプリはアメリカ製で匂いがキツく、高い値段のものがおすすめ (宮本知明氏〔薬剤師〕)



2. サプリメントの品質について


次に品質面に関しては、ダグラス・ラボラトリーズ社は、
「品質管理の国際基準 ISO 9001」や
「高度な品質検査能力を示す校正・試験の国際基準ISO 17025」
を取得しており、また製品は、
「最新の品質管理規則〔cGMP(current Good Manufacturing Practices)〕」や
「原料品質を保証しているVCP(ベンダ証明プログラム)」
に則って生産される、と説明しています。
 参照⇒ダグラスラボラトリーズのサプリメントの特徴 | サプリメント通販のダグラスラボラトリーズ


上の説明に出てくるcGMPとは、アメリカ合衆国保健福祉省配下の食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)が定めた健康食品の品質管理規則です。
このような規則は世界各国にありますが、その中でもアメリカのcGMPは群を抜いて厳しいとされています。

具体的には、
① 栄養素が表示通り入っているかの検査、
② 粒が体内できちんと溶けるかの検査、
③ 異物混入を防ぐ金属探知機の設置
などが必須の条件とされ、その分量は815ページにおよび、FDAによる査察もあるそうです。
アメリカではこの規則に準拠していない工場の製品は、販売禁止とされています。

一方、日本におけるサプリメントの品質管理基準については、その遵守は任意で、ページ数はわずか5ページ、上に挙げた項目のうち、①は省略でき、②と③は規定がなく、国の機関による査察もないそうです。
なので、日本ではサプリメントの品質管理は各企業の自主性に任されていると考えられます。

 参照⇒「日本GMPと米国cGMPの違いは一目瞭然!」... - Nutrilite Japan ... (米国アムウェイ社)
   ⇒米国ではcGMPを取得していない健康食品は販売禁止に | FOOCOM.NET 長村 洋一氏(鈴鹿医療科学大学教授)
   ⇒薬剤師が解説!市販のサプリはアメリカ製で匂いがキツく、高い値段のものがおすすめ(前掲サイト)

従って、ダグラス・ラボラトリーズ社以外の製品を含め、サプリメントに関しては日本製よりむしろアメリカ製の方が信用できると言えましょう。

多くの工業製品では日本製はアメリカ製より高性能かつ高品質なので、サプリメントも同じではないかと先入観を持ってしまいがちです。
しかし、上に述べたように、アメリカではサプリメントの品質に対する国の管理が厳しいので、それは当てはまらないようです。
よって、アメリカ製のサプリメントは、品質について疑念を持つことなく安心して使って良いと思います。
 


3. UPXを飲むときの注意点


注意点というほど大げさなことでもありませんが、UPXは粒が大きいので飲みにくい方もおられるでしょう。
その場合は、手で二つに折ってから飲んでください。簡単に折れます。
小さい粒のものも売っていますが、割高になります。






4. UPXの類似品


類似品というと聞こえは良くありませんが、アメリカのニューサイエンス社の「マルチミネラルビタミン」もお勧めします。
その特徴は、
・天然抽出素材を100%使用
・原料は有機無農薬栽培
・高含有量
・原材料の産地が特定できる
などです。
 参照⇒マルチミネラルビタミン 株式会社ニューサイエンス

ちなみに、私がニューサイエンス社に問い合わせたところ、この製品はアメリカ産とインド産の原材料を用いてアメリカで製造しているとのことです。


スポンサーサイト


[ 2017/08/05 23:46 ] その他 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkbtcs.blog.fc2.com/tb.php/23-1847daf4