AX










すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(2)

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(1)の続きです。
 

1. 管理人が実践した結果


① パソコンの使用を減らす


私の場合、平成の初めのころだとワープロ、近年だとパソコンを長時間使う日が何ヶ月も続くと、確かに髪が減る傾向がありました。
逆に、38歳の年の年初から秋ごろまで、パソコンの使用をそれまでより控えてみたところ、前の年の同じ時期より髪が増えました。
パソコンを控えるといっても使用時間までは記録していませんが、
「そういえば去年の今ごろより髪が明らかに増えてるぞ」
と自覚できるほどの効果がありました。

また、41歳の夏から1年あまりの間、仕事の都合でパソコンをあまり使わない日が週に4日ほどありました。
このときは、冬になっても全体として髪の量は減りませんでした。前頭部も変化なしでした。
普通なら、私の場合は冬場は髪が減り、年末のころに最少になります。ところが、パソコンの使用を減らして目の酷使を避けることで、それを防いだ可能性が高いと思います。

ただ、このころは並行して行っていた「納豆と唐辛子の同時摂取」の二年目に当たります(参照⇒すぐにできる薄毛・抜け毛対策 ① ~納豆と唐辛子の同時摂取〔当ブログ記事〕)。
この「納豆と唐辛子の同時摂取」では、最初の冬は髪が少し増える程度の効果がありましたが、二年目はパソコンの使用減の効果と併せても、髪は増えず、量を維持するのがやっとだったということになります。

髪が増えなかった原因は、このころ、仕事のストレスが強烈だったことであると考えられます。
人はストレスを受けると交感神経の働きが優位となり、血管が収縮します。その結果、頭皮の血行も悪くなり、毛根に栄養が届きにくくなるため、脱毛が引き起こされます。
とすれば、この年の冬は、むしろ髪が大きく減ってもおかしくなかったはずです。にもかかわらず、髪の量を維持できたのは、パソコンの使用減と、納豆と唐辛子の同時摂取が功を奏したためと言えましょう。
そして、ストレスがあっても髪の量を維持できた訳ですから、ストレスがなければ冬になっても髪が増えていたであろうと思います。

その後は、43歳までは、ほぼ現状維持でしたが、43歳の秋から半年ほどと44歳の夏から1年近くの間は、パソコンの使用が大きく増えました。
ちなみに、このころパソコン作業で多かったのは、文章を書くことでした。他の作業より、目が疲れるのが自覚できます。
その結果、44歳ごろからは毎年少しずつ髪の量(特に前髪)が減りました。
やはりパソコンを使うことによる目の酷使は、髪にダメージを与えるようです。

② メチオニンと卵を摂る


次に、46歳の秋ごろからは、パソコンの使用は通常のままで、メチオニンのサプリメントを飲み、卵を1日3個食べていました。
すると、3ヶ月ほどたつと前年の同じ時期より髪が増えていました。
例年、冬になると髪が減るはずが、この年の冬は逆になったということです。
ただ、このころ(46歳)は、別の記事でご紹介する「育毛の達人」の体質改善法の一部を並行して行なっていたので(ただし医薬品療法は未着手)、どちらが効果を発揮したのかは断定できません。

それから1年近くは現状維持といった感じでしたが、メチオニンも卵も、納豆と唐辛子の同時摂取も次第に効果が薄れ、大局的には薄毛の進行は止まらず、48歳の夏には見切りをつけざるをえませんでした。

とはいえ、あるていど育毛に役立った可能性はありますし、特に卵は完全栄養食品と言われていて、ビタミン、ミネラルをはじめ、体内で合成できない(外から摂るしかない)必須アミノ酸がバランス良く含まれます。

なので、薄毛の進行が、まださほど深刻でない方なら、目を酷使しないことと、卵をはじめメチオニンやシスチンを含む食品(またはサプリメント)の摂取をお勧めしたいと思います。

③ 飲酒について


飲酒については、私は全く酒を飲まないので、飲んだ場合と飲まない場合との比較はできませんが、理論上は育毛には不利かと思います。
参考までに申しますと、大酒飲みだった私の父は30代後半から禿げていました。
一方、私は30代のころは抜け毛が少しずつ進行していましたが、まだフサフサと言えるレベルでした。
酒が嫌いで良かったと心から思います。



2. 注意点


① 卵のコレステロールは心配なし


以前はよく「卵はコレステロール値を上げるので1日1個まで」と言われていました。
ところが、最近ではコレステロールは食事でとる量が少なければ体内で多く合成され、逆に食事でとる量が多ければ少なく合成されること、さらに、卵黄に含まれるレシチンにはLDL(悪玉)コレステロールを減らしてHDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが分かっております。
なので、高コレステロール血症の人でなければ、気にする必要はないようです。
 参照⇒卵1日1個はウソ?! コレステロールのホントのところ  (『日経Gooday』 上西一弘氏〔女子栄養大学栄養生理学研究室教授〕への取材記事) 
 ⇒世界の長寿者も実践! "コスパ最強"の栄養食「卵」 1日3個で健康長寿を実現  (渡辺信幸氏〔こくらクリニック院長〕) 

② 卵は黄身と白身を混ぜずに食べるべきか


卵の黄身にはビオチン(ビタミンB7)が含まれ、これが不足すると脱毛を引き起こすとされています。
ビオチンは、白身に含まれるアビシンというタンパク質と結合すると、腸で吸収されずに排出されてしまいます。
ですので、卵を食べるときは混ぜずに加熱するか、黄身は生で食べ、白身だけ加熱してアビシンを不活性化させる必要があると言う人もいます。
 参照⇒タマゴ3個で髪の毛が生えた

ただ、ビオチン不足になるほどの卵(の白身)の摂り方は、毎日10個も食べ続けるような極端な場合といわれています。
また、ビオチンの必要量の一部は腸内細菌によって合成されます。
よって、あまり神経質になる必要はないかもしれません。
 参照⇒ビオチンの効果・効能  (参考文献を明記したサイト)

③ ミネラルも必要


アミノ酸からケラチンを合成するにはミネラルが必要となります。中でも亜鉛、鉄、マンガン、ビタミン(特にB6、B2)とされています。
ですので、卵やメチオニンなどのサプリメントを摂るときは、そのような栄養素も一緒に摂りましょう。
 参照⇒抜け毛を減らすための栄養素とは? メンズスキンケア大学



関連記事
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ① ~納豆と唐辛子の同時摂取
すぐできる薄毛・抜け毛対策 ② ~目を酷使しない 過度の飲酒を避ける 卵を摂る(1)
スポンサーサイト


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkbtcs.blog.fc2.com/tb.php/36-99e5d82c