AX










虫歯の進行を自力で止める2-2 ~MIペースト

当ブログを初めて閲覧される方は、まずこちら↓をお読みください。
ご注意 (必ずお読みください)

--------------------------------------------------
ここから記事本文です。

お勧め度・・・★★★

虫歯の進行を自力で止める2-1 ~フッ素 の続きです。
フッ素と併用することで虫歯の進行を止めるのに役立つとされるMIペーストをご紹介します。


1. MIペーストとは

  
歯を構成する主な成分はハイドロキシアパタイトという物質で、これはリン酸カルシウムと水酸化物イオンから成り立ちます。ヒドロキシアパタイトとも呼ばれます。
 
MIペーストは、ハイドロキシアパタイトを構成するリン酸カルシウム(ACP)を含む薬用ペーストです。
MIペーストのACPは、牛乳由来のタンパク質(CPP)でコーティングされており、これをCPP-ACP(リカルデント)と言います。



2. MIペーストの効能

 
MIペーストの働きは、以下の3つです。

① 食事によって酸性に傾いた口の状態を中性に戻します(中和作用)

② 口が酸性になりにくい状態を維持します(緩衝作用)

③ 唾液と比較して約190倍のカルシウムと約20倍のリンを含み、これらは歯垢の中にまで取り込まれ、歯の再石灰化を促進します。

 参照⇒歯を再石灰化させて強化するミネラルペースト『MIペースト』 (天野歯科医院)(前掲サイト)
   ⇒治療内容について/TOOTH WEAR (ホワイトファミリー歯科)

虫歯の進行を自力で止める2-1 ~フッ素 でご説明したように、フッ素による歯の再石灰化促進作用は、カルシウムやリン酸が歯に取り込まれるのを促すというものです。
一方、MIペーストによる再石灰化は、MIペーストがカルシウムとリン酸を直接歯に供給するという働きです。

従って、フッ素の塗布のあとにMIペーストを使用することで、いずれかの単独使用よりも、虫歯の活動が低下すると言われています。
 参照⇒治療内容について/TOOTH WEAR (ホワイトファミリー歯科)

また、上に挙げたように、MIペーストは歯垢の中にまで取り込まれ、エナメル質を再石灰化させると言われています。
従って、詰め物の裏の、歯ブラシで取り除けない歯垢の下でも再石灰化が期待できそうです。
ただ、ペースト状なので、唾液と混ぜてゆすぐことで、歯と詰め物の隙間に入り込ませる必要があると思います。
これは管理人の希望的観測であって専門家の見解ではありませんので、ご注意ください。



3. 象牙質の再石灰化とМIペースト

 
象牙質については、MIペーストで再石灰化が可能であるとか、虫歯の進行を止められるとする説明は、ネット上では確認できませんでした。

一方、虫歯の進行を自力で止める2-1 ~フッ素 でご説明したように、フッ素であれば、象牙質の虫歯でも、少なくとも初期のものなら再石灰化することが可能です。

象牙質の構成成分は、65.7%がハイドロキシアパタイト、18%がタンパク質、12%が水です。
 参照⇒【Oral Studio】基礎:象牙質の構造・組成・物性

エナメル質は96%がハイドロキシアパタイトです。
 参照⇒エナメル質【歯科大辞典】 (歯チャンネル88) 

このように象牙質はエナメル質と比べてハイドロキシアパタイト(≒リン酸カルシウム)の割合が低いですが、それでもリン酸カルシウムの歯への取り込みを促すフッ素で再石灰化できます。
であれば、リン酸カルシウムを豊富に含むMIペーストをフッ素と併用すれば、象牙質を再石灰化することも、ある程度は可能となるはずです(ただし、これも管理人の希望的観測です)。



4. 知覚過敏とMIペースト


ついでに、虫歯とは別の事柄になりますが、象牙質に対するMIペーストの働きとしては、知覚過敏を抑えることが挙げられます。

象牙質には、歯の中心にある歯髄(神経と血管でできた組織)とエナメル質をつなぐ無数の細い管が走っています。これを象牙細管と言います。ここを通って、歯髄から歯に栄養が運ばれます。

虫歯や歯茎下がりなどによって象牙質が露出すると、冷水や甘いものや歯ブラシの刺激が象牙細管を通って歯髄神経に伝わります。
歯髄には圧力や温度の感覚がなく、それらは全て痛みとして脳に伝えられます。それが知覚過敏です。

MIペーストは象牙細管を封鎖することで、刺激が歯髄に伝わるのを遮断します
 参照⇒知覚過敏 | 近藤歯科クリニック 




5. MIペースト使用上の注意点

 
MIペーストに含まれるCPPは牛乳由来のため、乳製品アレルギーのある方は使用できません
 参照⇒歯を再石灰化させて強化するミネラルペースト『MIペースト』 (天野歯科医院)
  
また、虫歯の進行を自力で止める1-1 ~押さえておくべき虫歯の基礎知識 ① でも述べましたが、象牙質はエナメル質より酸によって溶けやすく、虫歯になると急速に進行すると言われています。
ですので、虫歯になりやすい人は、冷たいものや甘いものがしみるといった象牙質の虫歯の症状が出たら、無理をせずに歯科医院を受診してください。

虫歯の進行を自力で止める2-3 ~アパガード に続きます。



関連記事
虫歯の進行を自力で止める2-1 ~フッ素
虫歯の進行を自力で止める2-3 ~アパガード
虫歯の進行を自力で止める2-4 ~パーフェクトぺリオ
虫歯の進行を自力で止める2-5 ~システマEX 口内殺菌のリスク【超重要】
虫歯の進行を自力で止める2-6 ~クリニカクイックウォッシュ
虫歯の進行を自力で止める2-7 ~乳酸菌(L.ロイテリ菌)
虫歯の進行を自力で止める2-8 ~キシリトール

上記以外の虫歯関連の記事へは、全記事一覧から飛んでください。
お手数をおかけして申し訳ございません。「大人の事情」です。


スポンサーサイト


[ 2017/03/11 21:40 ] 歯の病気(虫歯) 虫歯 製品編 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kkbtcs.blog.fc2.com/tb.php/9-60db246b